原子番号26Blog

ゲームとか雑記、備忘録的な何か

最近のポケソースの謎の沸きルール

最近のポケソースを見てると少し不可解な沸きがチラホラ…
P-GOやらポケタンは見ても意味ない田舎での話なので
都会や沸きの多いところではどうなってるかわかりませんが…

山奥の田舎にもかかわらず極稀にシェルダーやパウワウ、ジュゴンの沸きが見られます
それも水ソースでもなんでもない場所で…

スポンサーリンク

少し前にもパウワウを見かけたことがあり、不思議に思って調べてみると
単一のポケソースが巣のソースとして扱われているようで
結構高確率でパウワウが沸く状態になっていました。
巣の変更でパウワウからゴースに、そして今はコイルになっているため
周辺に同じソースがなくても巣のソースと同じような扱いを受けているソースがあり
特定のポケモンが沸きやすい単一ソースといったものがあることはわっています

しかし、今回のパウワウについては沸き頻度も低く
沸き範囲は狭いものの、特定ソースというわけではなく極稀にそのあたりに出現…程度?

海関係のポケモンが内陸だと一切捕まえる手段がない件についての対策なんでしょうか?
本当に確率は低そうですが、この分だと内陸地でのラプラスもあり得そう

あとは公園でもなんでもない場所ですが、巣よりは頻度が低いけど
それなりのレアポケモンが沸きやすいエリア的なものも見つけました

住宅街やそこそこ大きめの店があるくらいの周りで半日でベロリンガが10匹程度
また、神社周辺ですがスリープが1日で10匹程度の沸きで
明らかに他より集中して沸いている感じです

巣というほど沸かないのは単純に田舎なせいでポケソース絶対数が少ないことが理由かもしれませんが
探せばこういうところはほかにもあるかもしれませんね

スポンサーリンク
Updated: 2016年10月5日 — 13:42

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

原子番号26Blog © 2014 Frontier Theme