原子番号26Blog

ゲームとか雑記、備忘録的な何か

曲芸師問題について

ちょっと前に世間で騒がれていた曲芸師問題について
何がそんなに強いのかを考察してみたいと思います。

スポンサーリンク

曲芸師の強さはスキル1つで高確率でリーダースキル発動可能
スキル2つ使えば100%発動可能で高火力
さらにその条件を満たすキャラクターだけでチーム編成ができることです

同じように保険無し7倍火力の出せる闇ラーですが
スキル1つでリーダースキル発動可能なキャラはカーリーしかいません
しかも、リーダースキルの発動条件を満たすためにはカーリー4人をチームに組み込むことはできず
最大でカーリー3人+水木属性のキャラということになります。
また、カーリーを使ってリーダースキル発動条件を満たしたところで光ドロップの数が少ないとたいした火力が出ません
何より、固定ダメージが必要なダンジョン以外では闇ラーのスキルが無意味になり
実質使えるスキルは3つ、さらに火力も微妙という結果に・・・

このように、同じ倍率のキャラに比べてスキルが恵まれており、リーダースキル発動が期待できるスキルもちキャラが多く
チーム編成の自由度が高い、スキルを使って簡単に6連続でリーダースキル発動
もしくは4連続+1回の超火力を出すチームが組めることがてま崩壊と言われる訳ですね
それに対する公式見解が・・・
「リーダースキルの発動や、ステータス・その他要因をチーム編成やモンスター育成、
パズル等でカバーする必要があるなど、安定的に使用していくための難度は高く、様々な工夫が必要となってまいります。」

と、もっともらしいことが書いてありますが、チーム編成やモンスター育成、パズル等でカバー・・・
これって曲芸師に限ったことでなく、パズル&ドラゴンズというゲームがそれをするゲームですよね?
たとえていうなら、3500円のカツカレー問題あったじゃないですか
あれに対して、人間は食事をしないと生きていくことができないので
カツカレーを食べることは問題ない
とか言ってるようなもんですよ

肝心の他の同等倍率が出せる条件に比べて難易度が低い件については何も答えず
ただ、当たり前のことを当たり前に話しただけです

確かに、曲芸師に不向きのダンジョンはありますが現状の高難易度ダンジョンのほとんどが
低階層で強敵との連続戦闘という曲芸師向きのダンジョンになっています

運営は何故パンドラが人気だったのかもわかってなさそうですよね・・・

スポンサーリンク
Updated: 2015年3月25日 — 09:08

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

原子番号26Blog © 2014 Frontier Theme